大円食品株式会社 トップイメージ
menu
受託製造
受託製造
受託製造のご紹介
充填容器
充填容器のご紹介
備蓄水

保存期間10年のボトル缶は防災用備蓄飲料水の容器として最適です。

当社実績13年(約900万本生産)

備蓄水

大規模地震、台風・大雨などの災害時、一番に必要になるのは飲料水です。人が生きていくためは1日3Lの水が必要だといわれています。もしもの時に飲料水を保存しておくことは、家庭はもちろん企業や団体、さらに、各自治体においても最重要備蓄アイテムの1つです。 当社では、保存期間が長く、環境にもやさしい防災用備蓄飲料水の容器として最適な「ボトル缶」を受託製造しております。

容量は100ml〜500mlまで多種類
防災用備蓄飲料水の容器として最適な「ボトル缶」

■「ボトル缶」の特徴

●保存性が高い

内容物保護のひとつとしてガスバリヤー性があげられます。特に炭酸飲料場合、PETボトルと比べると約2週間でその差が明確に現れます。また、光・酸素バリヤー性が求められる果汁やお茶の場合は、酸素と光の影響により、色調や色合いが変化しますが、同じく約2週間でその差が明確に現れます。

 ガスバリヤー性の比較  光・酸素バリヤー性の比較
ガスバリヤー性の比較 光・酸素バリヤー性の比較

●繰り返し使用ができるリシール機能

災害が起こった場合、缶製による飲料水であれば一度開けたら保存ができませんが、「ボトル缶」はリシール機能を付加してありますので、一度開けても繰り返し使用ができますので非常時に大変便利です。


●持ち運びを楽に

非常時において、物資を持ち運ぶ場合、できるだけ軽量化が要求されます。「ボトル缶」は、アルミ素材のため省資源型容器です。同容量の耐熱ペットボトルに比べ22%もの軽量化を実現しました。(500ml缶約23.9g、PETボトル約30.6g)


●高いリサイクル率

高いリサイクル率 金属缶はアルミ・スチール共に、高度なリサイクルシステムが確立している容器です。すでにアルミ缶はリサイクル率80%を超えています。(金属缶は、紙・フィルムがついていても、再資源化工程で問題がありません。)


●環境ホルモンフリー

環境ホルモンフリー 「ボトル缶」は、アルミニュウムの内外面にポリエステル系フィルムをラミネートした素材を採用。ダイオキシンやビスフェノールAなどに対する環境ホルモンフリーをいち早く実現しております。(産業廃棄物比較では、ニューボトル缶は潤滑材、水など不使用にて、0.003g/缶、ペットボトル0.3g/本)


●保存期間の長期化によるコスト削減

保存期間の長期化によるコスト削減 防災用備蓄飲料水としてPETボトルとボトル缶を15年間でその製作回数とコストを比較した場合、 PETボトルは品質保証期間が3年間のため5回入れ替えることになります。また、リサイクル率が低いため廃棄の処理費用もかかります。ボトル缶の場合は品質保証期間が10年間のため2回の入れ替えですみ、PETボトルよりも割安なため15年間でその製作コストをみると約4割も削減されます。さらに、リサイクル率が高いため廃棄にかかる費用も抑えられます。

copyright c2006 DAIEN All Rights Reserved